クリニック 永久脱毛

医療レーザー脱毛は永久的な脱毛

永久脱毛の定義

全身の脱毛

永久脱毛と耳にするとひとたび脱毛してしまうと、それから再度ムダ毛が発生してこない状況をイメージする方も多いことでしょう。

けれども、そこはちょっと違っています。永久脱毛の意味は「脱毛の完了から1か月後の時点での毛の再生率が20%以下の場合」といった内容です。
一生涯むだ毛が生えて来ない、もう永久にムダ毛に悩むことがないという意味ではありません。
このことは、AEA(米国電気脱毛協会)で定められたルールで、これにあっているどうかを判断すればクリニックのレーザー脱毛は定義のように、永久脱毛といえるのだということです。
その上、レーザーの脱毛機の中では、1999年に米国の政府機関FDA(食品医薬品局)で永久減毛装置の一つとして認定されているものがあるんです。
安全性、コストパフォーマンスが素晴らしく、その他の脱毛法とは違って痛みが少なくて済むため、現時点で永久脱毛の中心になっているのです。
さらに、高い出力の医療用レーザーを利用する脱毛は、医療機関のみで認められている脱毛方法です。

 

医療レーザー脱毛とは

医療レーザー脱毛は、特定の色にだけ作用するとされるレーザーの特徴を利用した脱毛方法です。
なので、他の皮膚構造には一切ダメージを及ぼすことをせずに脱毛処理することが可能です。
脱毛したい場所にレーザーを当てると、毛根にあるメラニン色素に反応してレーザーの熱が周辺に伝播し、 毛の生成工場ともいえる毛球部の毛母細胞を破壊して毛が伸びてこなくなります。
剃刀や脱毛クリームによる自己処理は、肌をダメージを与える原因にもなりかねません。
医療レーザー脱毛ならば、毛根の所だけに反応するから、肌を傷つける必要はないです。
1回の照射で直径1cm程度の脱毛ができます。両ワキでも1回10分ほどが基準です。
脱毛完了までの日数は、脱毛したいパーツや毛の状態に伴って変わってきますが、1年〜1年半で脱毛を終わるケースが大半です。
個々に違いはあるのですが、医療レーザー脱毛の場合痛みはずいぶん少ないと思われます。
輪ゴムをはじいたレベルの感触と言われているようです。
脱毛後は毛がなくなるので毛穴がふさがり、毛穴が人目につかなくなり、お肌のきめが細かくなると考えられます。
さらに、お肌のくすみやざらつきを良くし肌が明るくなるといった結果も期待できます。

 

関連ページ

医療レーザー脱毛は痛い
レーザー脱毛は、効果が見られることは理解しているのですが、脱毛サロンと比較して痛みが強烈という話も聞くから心配・・・ひょっとしてあなた自身もこんな心配を持っており、医療レーザー脱毛をするのを躊躇しているかもしれません。
医療レーザーの効果を詳しく
エステよりも有効性が高い脱毛として覚えられているクリニックでの医療レーザー脱毛。その仕組みや実効性ということを、具体的にレクチャーします。
医療レーザー脱毛の利用料と期間はどの程度?
レーザー脱毛をするにあたり、気にかかるものはお値段と時間ではないかと思います。レーザー脱毛をするときの料金ですが、クリニックでなされていたとしても健康保険の適用にはなることもなく自由診療なので条件はそのクリニック次第でまちまちです。